チャリティーをして
  北海道マラソンを走ろう!


認定NPO法人ランナーズサポート北海道は、マラソンと社会貢献の両立を目指すチャリティーランナーの輪をさらに広げるために、「チャリティーエントリー」を募集します。


2015北海道マラソンのチャリティーエントリー報告


お知らせ (2016/09/17 9:30更新)

17団体に162万円助成  北海道マラソンチャリティーエントリー

認定NPO法人ランナーズサポート北海道(生島典明理事長)は16日、理事会を開き、北海道マラソン2016で行った「チャリティーエントリー」の寄付金について、道内の3つの公益財団とNPO法人など14団体に計162万900円を助成することを決定しました。
今大会では33人のランナーとその賛同・応援の寄付で計180万1000円が寄せられ、エントリー運営経費1割を除いた額を3公益財団と、理事会が選定した「障がい・福祉」「自然・環境」「スポーツ・文化・地域おこし」3分野の14団体に、寄付者の指定に従って配分しました。

助成団体と配分額
<公益財団法人>
▽そらぷちキッズキャンプ(滝川、46万4400円)
▽知床財団(斜里、4万5000円)
▽札幌アジア冬季競技大会組織委員会(札幌、13万5000円)
<障がい・福祉分野7団体>(1団体6万7500円)
▽NPO法人スペシャルオリンピックス日本・北海道(札幌)
▽北海道ユニバーサル上映映画祭実行委員会(函館)
▽NPO法人児童クラブなんたらカンタラ(鷹栖)
▽NPO法人にわとりクラブ(札幌)
▽NPO法人北海道ファミリーハウス(札幌)
▽NPO法人札幌リーディングサービス「朗読110番」(札幌)
▽NPO法人オホーツクスポーツクラブ(網走)
<自然・環境分野2団体>(1団体6万7500円)
▽NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク(豊富)
▽NPO法人いきものいんく(伊達)
<スポーツ・文化・地域おこし分野5団体>(1団体7万3800円)
▽NPO法人ezorock(札幌)
▽北海道コンサドーレ札幌・松山光プロジェクト(札幌)
▽食を考える協議会(興部)
▽釧路夕焼け倶楽部(釧路)
▽道南農福連携ネットワーク(せたな)

チャリティーエントリーについて

チャリティーエントリーの流れは? ランナーを寄付で応援するには? まずはこちらの説明をお読みください。

» 詳細画面へ

チャリティーエントリー登録

チャリティーエントリーの登録を行います。こちらから基本情報とチャレンジ文をご登録ください。

» 登録画面へ

チャリティーエントリー応援手続き

チャリティーエントリーランナーの応援(寄付)をします。ランナーとチャレンジ文をご覧いただきお手続きください。

» 応援画面へ

2015年報告

2015北海道マラソンのチャリティーエントリーの状況および助成先を報告します。

» 2015年報告へ

認定NPO法人ランナーズサポート北海道とは

ランナーズサポート北海道は、広く一般の人々を対象に、市民のランニング及びスポーツへの関心を高め、北海道マラソンなど道内のスポーツイベントの発展を図る事業を行い、一般市民の健康増進と、市民マラソン、ランニングなどスポーツ活性化による都市文化構築、活力ある地域づくりに寄与します。


・北海道マラソンの運営、支援を行います。

・北海道のランニング情報を発信します。

・ランニングを始めたい人、ランニング大会に参加したい人をお手伝いします。

・スポーツボランティアの情報を発信し、スポボラ仲間の交流の場をつくります。